Contact Us

Tel:First Vist

050-7302-05820

Tel:Revisit

+81-3-6280-5460

Mail

Contact Us

Mail

Appointment

インプラント治療

Ryo Dental Clinic では、“Dental Implants” は 東京・日本橋の私たちの患者のQuality of life を更に高めることの出来る治療法であることが分かりました。

歯科インプラントは、患者の全身の健康を改善し、更に見た目が良く自然でありしっかり機能するようになった口元から自信を得ることができるのである。

欠損してしまった歯を歯科インプラントによって補い治す治療法の利点は、主に

  1. 歯が欠損した後の骨構造の完全性を維持する
  2. ブリッジで使用する必要がないため、臨在歯の健康を保つ
  3. 合わない義歯の代わりになる
  4. 咬合力が口全体に分配できるようになる
  5. 機能、感覚が天然歯のようである
  6. 巨大な義歯が排除されるので、発音能力が改善される
  7. 骨の欠損を予防できるので、顔の見え方が改善される
white teeth
implant

何故歯科インプラントなのか?

歯を失うことは壊滅的である。見た目に影響することだけではなく、それによって引き起こされ得る健康への影響、自信を持った笑顔を奪ってしまうなどの物理的な問題につながる。

欠損歯を速やかに歯科インプラントによって補い 次のような健康への影響を防止することが重要なことである。

  1. 骨欠損
  2. 歯の移動、挺出
  3. 歯の移動による咬合の変化
  4. 顎関節の問題
  5. 咀嚼の困難
  6. 残存歯への余分なストレス

ブリッジとインプラント

東京・日本橋の私たちの多くの患者たちに対して従来のブリッジや義歯よりも明らかな利点のあるインプラントを提供している。

インプラント治療が完成されたものになる以前は、欠損歯を補う治療法は残存歯の維持によるブリッジや、義歯を選択していたのです。

ブリッジでは、隣の歯の形に合わせるために健康な歯が削られてしまうい、新しいブリッジの維持力を支えるための土台となる。然しながらこれらの土台の歯にかかる力が、これらの歯が受け得る閾値を超え、
これらの歯を支えている骨が溶け出してしまう、このために自然のサポート気候は弱まってしまうのである。

審美的にはブリッジ周辺に暗い陰が現れ、歯肉と骨が自然なサポートシステムより引き離されてしまう。

もう一つブリッジに噛む力がかかると天然歯とブリッジの間に隙間が出来、細菌の漏出により、う蝕が進行し、神経まで到達してしまうと根管治療が必要になる可能性も高くなる。更に3歯やそれ以上のブリッジでは、デンタルフロスの使用が難しかったり、出来なくなってしまう。

インプラントとブリッジの比較 ブリッジ

歯の欠損が与える心理的な影響は、人によって異なり複雑であり様々である。

恋人に歯が抜けているのを悟られるのを恐れてロマンティックな状況を避けがちになり、その人の社会生活に大きく影響を与えてしまう。

複数の歯が欠損して何年も経過してしまうと顔面の変形を伴い、早期の老化が見られることもある。

義歯は審美的な保証としての感覚を与えるが、義歯床の下の骨に過度な力がかかることでダメージを与えてしまい、ひいては骨吸収を引き起こしてしまう。最終的には義歯は床下の裏層をしたり新調する必要が出てくる。これらのすべての問題は、インプラントで解決できる。

歯科インプラントとは何か?

歯科インプラントは、生体適合性のあるチタンを人工歯根として歯の支えにするものである。歯科インプラントはできる限り自然に模倣して欠損歯を補う治療である。

私たちの東京におけるクリニックにおいて行うインプラントは次の3つのパーツで構成される。

  1. 骨結合チタンインプラント
  2. インプラントアバットメント
  3. セラミッククラウン

歯とインプラントの断面図を見て視覚的に歯科インプラントが何を提供できるのかを知りましょう。

天然歯

天然歯歯冠部、外層はエナメル質で内層は象牙質

歯根膜が歯と骨を繋いでいます

天然の歯にマッチするような自然な感じのセラミッククラウン

インプラントアバットメントは、クラウンとインプラントの結合させています。

インプラントをしっかり支えるようにインプラント表面に骨が新生してきます。

インプラントは自然歯と似通った作りになっています

私たちはどのメーカーのインプラントは使っているのでしょうか?

Dr. Ryo Kitamuraは、過去30年のインプラント経験の中で、多数のインプラントメーカーのものを使用してきました。

Nobelbiocare, Straumann, Calcitek, Ankylos Dentsply 等々

その中で文献による裏付けが優れ、臨床成績の良い Dr. Carl E. Misch が開発に協力したBiohorizon 社の Laser Lokを中心に使っております。

Laser-Lokとは

Laser-Lokマイクロチャンネルとは、最適なインプラント表面処理に関する開発から始まり、20年以上にわたる研究で得られた特許技術です。Laser-Lokの表面は、上皮細胞の根尖側移動を抑制し、(シャーピー線維とは異なった)結合組織の付着を促すなどの生物学的反応を誘導することが、これまでの研究によって証明されています。このような物理的付着により生物学的にインプラント周囲が封鎖され、歯槽頂骨を保護し、かつ維持します。Laser-Lok市販後の研究において、骨吸収を抑制する他のインプラントと比較して、この技術の有効性が証明されてきました。

バイオホライズンのLaser-Lokマイクロチャンネル
BioHorizonsインプラントのLaser-Lok。SEM画像、30倍

Laser-Lok微細構造の統一性
Laser-Lok微細構造の統一性。拡大率を上げてもナノ構造が顕著である。

ユニークな特徴

Laser-Lokマイクロチャンネルとは、レーザーアブレーション技術によりインプラントカラー部周囲にエッチングされた精密な細胞サイズの溝です。きわめて一貫性のあるマイクロチャンネル(微細溝)は骨芽細胞・線維芽細胞の付着および組織化に最適なサイズとなっています。また、Laser-Lokは表面積を最大化する反復型ナノ構造であるため、細胞仮足やコラーゲン微小繊維が入り込んできます。

付着上皮の根尖側の範囲を示すヒト組織学的所見
付着上皮の根尖側の範囲を示すヒト組織学的所見。その下にはLaser-Lok表面に入り込んで付着する骨縁上結合組織がある。

機能的配向性を持った結合組織
機能的配向性を持った結合組織を示す偏光顕微鏡による画像

Laser-Lok表面に物理的に付着した結合組織
Laser-Lok表面に物理的に付着した結合組織。術後6ヶ月のインプラントカラー部のSEM画像

現在販売されているインプラントの表面は、ほとんどがグリットブラストもしくは酸エッチングです。こうした処理方法だと、表面の形状は一定ではなくランダムになり、その部分の表面の状態により細胞反応も変わります。機械加工面よりランダムな表面の方が高いオッセオインテグレーションが獲得できることは証明されていますが、光学顕微鏡、偏光顕微鏡、走査型電子顕微鏡により軟組織付着に対する効果が明らかになっているのはLaser-Lokのみです。

臨床におけるメリット

他社インプラントとの比較において、Laser-Lok表面に臨床的メリットがあるとする研究がいくつか発表されています。プロスペクティブ多施設共同試験では、表面処理のみ異なる同一のインプラントを並べて埋入した場合、従来の表面処理のインプラントに比較し、Laser-Lok処理のインプラントの骨吸収は術後37ヶ月には70%(1.35mm)抑えられることが明らかになりました。民間医療機関でのレトロスペクティブ研究においては、様々な状態の術野にLaser-Lokインプラントを埋入し、3年間追跡調査したところ、骨吸収が0.46mmにまで抑えられていました。また、大学におけるオーバーデンチャーのプロスペクティブ研究では、Laser-Lokインプラントが骨吸収を抑制したことが示されました。

歯槽頂骨吸収

Laser-Lok処理有り、無しのインプラントを比較した3年間のプロスペクティブ多施設共同試験では、Laser-Lok処理をしたインプラントが骨維持において優位性を示した。

最新の知見

Laser-Lok表面に対する物理的な(シャーピー線維とは異なる)結合組織付着の獲得は、Laser-Lok処理をしたアバットメントという、全く新しい分野の研究開発につながりました。このアバットメントが生物学的封鎖を作り出し、埋入されたインプラントは優れたオッセオインテグレーションを獲得します。軟組織と骨の両方にメリットのあるソリューションになるのです。また、Laser-Lokがないインプラントに装着することにより、インプラント周囲の健康を促進します。グリットブラストしたインプラントに、Laser-Lokアバットメントと従来のアバットメントを無作為に装着し有意差を評価した最近の研究があります。その原理証明試験において、Laser-Lok処理をしたマイクロチャンネルのゾーンが上皮の根尖側移動を抑制し、(シャーピー線維とは異なる)結合組織の付着を確立することが示されました。更に、インプラント・アバットメント接合面の上方だけではなく、機械加工のカラー部があるインプラント上にも軟組織の付着が見られました。歯槽頂骨のレベルは通常のアバットメントを使用した際より高く、軟組織の安定が歯槽頂骨の健康状態維持に役立つ可能性が有るとの知見を得ました。

Laser-Lokアバットメントの効果

組織学所見による比較で示された、標準的なアバットメントとLaser-Lokアバットメントに関する、上皮の根尖側移動、結合組織、歯槽頂骨の健康状態の変化などの生物学的差異

Laser-Lokアバットメントの効果""

組織弁を垂直切開し鉗子で弁を持ち上げた際の標準的なアバットメントとLaser-Lok処理をしたアバットメントにおける組織付着強度の変化を示したSEM比較画像

RDC インプラントスペシャリストチームとBiohorizon Laser Lok により 東京・日本橋の私たちの患者に対して機能的、審美的回復を行い、長期的安定性に優れたインプラント治療でほぼ100%成功を収めています。

歯科インプラント治療のプロセスは?

治療計画の立案: 治療計画の立案は、治療に際して最も重要なプロセスであり、慎重且つ知的な考察によって成功か失敗かは決定される。

また、場合によっては確実で適切なインプラント埋入をするために3次元の画像が必要になる場合もあります。

インプラント埋入: 私たちの東京・日本橋RDCスペシャリストは、インプラント周囲の歯肉をきれいに形成できるような理想的な位置にインプラントを埋入します。

治癒期間:インプラント周囲の骨がインプラント表面と結合するまでに数ヶ月間待ちます。

テンポラリークラウン:もしインプラント部位が容易に見えるような場合には、審美的な目的のために治癒期間中にテンポラリークラウンを入れることもあります。

2次手術アバットメント連結:治癒期間が終了したなら、セラミッククラウンと繋ぐためのアバットメントを連結します。

セラミッククラウン装着:セラミック専門の熟練した歯科技工士が正確な仕様のセラミッククラウンを完成させ、装着します。

インプラント治療前のエックス線写真

インプラント治療前のエックス線写真

インプラント治療前のエックス線写真""

歯科インプラントは誰でもできますか?

歯が欠損している人なら誰でも歯科インプラントの候補者になります。年齢は年老いていても大丈夫ですが、年齢が若い時には注意が必要です。
10代前半の若い人は、口の骨(顎骨)や顔の骨がまだ成長しているので、インプラントをするのは避けた方が良いです。

インプラントをするベストタイミングは、歯を抜いた(抜けた)直後、または数週間以内ですが、私たちは歯が欠損して何年も経過してからインプラントを数多く埋入していますが、成功しています。

何よりも大事なのは、新しくインプラントが埋められる位置の周囲に適切な量の健康な骨が存在しているかどうかということなのです。

手術の時はどのような感じなのでしょうか?

東京・日本橋のRDCで行う手術は、実際に痛みはありません。歯科インプラント治療は初期の頃よりはかなり進化してきており、現在ではとても予知的な治療法である。近代インプラント治療は25年前から始まったが、この10年ほどは、実に完成された治療法になってきた。

私たちの東京・日本橋のRDCにおいては、インプラント埋入成功率はほぼ100%を成し遂げている。ごく稀にインプラントが顎骨内に生存しないことはあったが、これも後に新しくインプラント埋入することで、難なく解決している。
歯科インプラントは天然歯のように、感じ、見えて、機能するものです。

インプラントを装着している患者さんに聞くと、いつどこにインプラントを入れたのかあまり覚えていないと言います。何故ならあまりにも自然すぎて自分の元の歯のようだからです。

インプラントは入れ替える必要がありますか?

東京日本橋RDCにおいて、この30年間で5000症例以上のインプラント症例を成功させてきました。しかし、インプラントを成功させるために、古いインプラントを撤去し、新しいインプラントを埋入し直す必要があったことには一度も遭遇したことはありません。

的確な診断、そして適切な治療計画は、成功を保証するために不可欠だと信じています。

私たちは細心の注意を払い、口腔内にかかる力の分布が適切になるようにします。
歯やインプラントに過度な力によって異なった方向への力がかかることや損傷を受けることを避けます。

インプラントには特別なケアが必要ですか?

インプラントには長期的な制限はありませんが、骨がまだ完全に完成していない時には、注意が必要です。インプラントが正常に修復完成された直後には、硬いものを噛むのを避けることは重要です。

最初からいきなり硬いものではなく、徐々に慣らすことが必要です。

そしてインプラントをきれいにする特別な方法はありません。
歯ブラシ、フロス、歯間ブラシを1日に2〜3回使って、あなたの自分の歯と同じように手入れしてください。
歯科医師の元でのプロフェッショナルケアを年に2回は受診してください。

さらに詳しいインプラント治療、インプラントの手入れのことについて知りたい方は、info@ryodental.com へお尋ねください。

appointment or contact us

Tel:First visit 050-7302-0582

Tel:Revisit +81-3-6280-5460

Contact Us

PAGE TOP